ご利用ガイド

ガス機器のカタログ請求はお問い合わせフォームへ

床暖房

身体にやさしい床暖房で足元からぽかぽか。

今、注目を集めている床暖房。最近では、欲しい暖房設備の上位に登場しているほど。
お部屋の仕様、家族構成、ライフスタイルに合わせて様々に選べます。

Point1 伝導熱+ふく射熱で理想の“頭寒足熱”を実現します
エアコンなどで足元付近の体感温度を約20℃にするには、設定温度を約27℃にしなければなりません。ところが、足元から伝導熱とふく射熱で暖める床暖房なら、約20℃の設定で十分。低い温度設定でも快適にすごせます。ふく射熱による暖房は、対流式のエアコンやヒーターに比べ、室温を約4℃低く設定しても、同程度の暖かさが得られます。

床暖房の場合 グラフ

エアコンなどの場合 グラフ

Point2 室内で火を使わないので安心です
屋外にある熱源でつくった温水で暖めるため、火事やヤケドの心配もナシ。お年寄りや小さな子供のいるご家庭でも安心です。

Point3 冬場の冷えからくる“つらさ”をやわらげます
部屋全体をマイルドに暖めることができるため、足元はもちろん、体全体がほんわか暖か。

Point4 お部屋がひろびろ使えます
床暖房の熱源機は屋外に設置するから、暖房器具をお部屋に置く必要はありません。お部屋がすみずみまで広々と使えるのがいいですね。おまけに、季節ごとに暖房器具の出し入れをしなくていいから、手間いらず。体に心地いいだけじゃなく、広さという快適さも魅力です 。

Point5 ハウスダストを抑えられます
エアコン等と違い、ホコリやダニの死がい、カビなどを舞い上げません。しかもお掃除もラクラク。室内をいつでも清潔に保ちます。

Point6 畳の和室も床暖房できまり!
冬の和室にはこたつしかないと思っている人は多いですが、畳タイプの床暖房もあるんです。これなら、ついついこたつに入ったまま過ごすってこともなくなるし…。それにお部屋が広く使えます。畳の素材は日焼けや湿気に強い新素材を採用しているから、キレイで長持ち。冬でも、心地よい和室でのびのびできますよ。

Point7 工事もカンタン
床暖房の工事って大変で新築向きと思われがちですが、手軽に施工できる床暖房「はるとホット」シリーズなら、心配無用。今ある床の上に温水マットパネルを貼り、さらに新しいフローリングの仕上げ材を貼るだけの簡単施工。傷みや汚れが気になりだした床のリフォームにもぴったりです。もちろん2階にも取り付けOK。お手軽に、スピーディな施工で床暖房が実現できます。

Point8 トイレ、廊下、玄関も床暖房
あたたかい部屋から急に寒い部屋に入ったときに、血圧が急上昇するヒートショック。特に加齢者に多く、脳溢血などを引き起こす原因に。寒い冬のトイレではこれが心配です。でも床暖房なら安心!トイレのような狭い場所でも床暖房は設置できます。また、玄関や廊下など、ふつう暖房器具が置けないようなところも床暖房にして、家中の温度差をなくして、ポカポカのわが家にしてください。

さまざまな面で温水床暖房は優れています。

電気式との比較

快適性や経済性・・・。さまざまな面で温水床暖房は電気式よりも優れています。

●温水式と電気式『パネル一体型床暖房』との比較

項目 放熱量 温度調節 快適性 閉塞温度 その他
温水床暖房 室温が低い時放熱量は多くなる 床暖房コントローラで自動調節 温度ムラが殆どなく、空気も清浄 約39℃で安心 電磁波の心配がない
電気式床暖房 室温に関係なく一定 床温サーミスタで自動調節 電気結線部分が冷たく温度ムラ有り 約44℃で低温やけどの心配あり 電磁波の影響が心配

※作動状態のまま床暖房部に長時間おやすみになると、低温やけどの恐れがあります。

コストを比較してみても、電気式よりも断然リーズナブルです!

たとえば8畳用の床暖房でランニングコストを比較してみると・・・電気式よりも経済的!

■ 温水床暖房

●燃料費 (都市ガスの場合)
60.0(W/m2)×8(畳)×1.65(m2/畳)×8(h/日)×30(日/月)×12.5(円/kWh)/ 0.8×(1-0.20)×1000=3,713(円/月)

●電気代
0.10(kW)×8(h/日)×30(日)×21(円/kWh)= 504(円/月)

3,713(円/月)+504(円/月)= 月々の合計金額 4,217円

●温水床暖房の1日あたりの目安
4,217(円/月)÷30(日)=141(円/日) ランニングコストは一日当たり ・・・141円

■ 電気式床暖房

●電気代
60.0(W/m2)×8(畳)×1.65(m2/畳)×8(h/日)×30(日/月)×21(円/kWh)/(1-0.20)×1000=4,990(円/月)
月々の合計金額 4,990円

●電気式床暖房の1日あたりの目安
4,990(円/月)÷30(日)=166(円/日) ランニングコストは一日当たり ・・・166円

※記載の金額は目安です。各燃料の価格差および、実際の燃費は暖房機器そのものの効率や、配管部での放熱ロス、使用条件並びに地域によって、本表と異なる場合があります。

〈 条件 〉部屋 [8畳間]・運転時間 [8時間/30日]・定常暖房負荷 [60.0(W/m2)]・熱源機消費電力 [100(W)]・暖房効率 [80(%)]床下損失 [20(%)]・都市ガス [12.5(円/kWh)]・電気 [21(円/kWh)]※条件は、下記の注1)によります。

注1)各燃料別単価の目安について
エネルギーの価格は電気6.39円/MJ、都市ガス3.47円/MJでどちらも全国平均なので地域により異なります。なお、上記価格には基本料金と消費税は含まれておりません。
出典元/電気:(社)全国家庭電気製品公正取引協議会  都市ガス:ガス事業便覧(平成14年度版)
単 価/電気:6.39円/MJ 21.0円/kWh(電気ヒーター使用) 都市ガス:3.47円/MJ 159.8円/m3(13A:標準熱量46.05MJ/m3にて換算)

床ぽっかで、足元・財布もぽっかぽか。

床ぽっか

ガス温水床暖房をお持ちのお客さま

家庭用ガス温水床暖房契約

床暖房の快適さを存分に味わっていただくために登場した「床ぽっか」は、ガスを使えば使うほど「お得」になる料金契約。12月~4月(冬期)は1ヶ月のガスご使用量が20m³、5月~11月(その他期)は1ヶ月のガスご使用量が29m³を超えると一般ガス料金よりもお得になります。

■基本プラン *ガスコンロもガス温水浴室床暖房乾燥機もお持ちでないお客さまへのプラン

お得になるご使用量の目安

12月~4月(冬期)5月~11月(その他期)
  基本料金 基準単位料金
家庭用
ガス温水
床暖房契約
12月~4月
検針分適用
A 0~20m³ 円/件
785.16
A 0~20m³ 円/件
192.67
B 21~60m³ 円/件
1,431.00 B 21~60m³ 円/件
160.38
C 61m³~ 円/件
2,856.60 C 61m³~ 円/件
136.62
家庭用
ガス温水
床暖房契約
5月~11月
検針分適用
D 0~20m³ 円/件
785.16 D 0~20m³ 円/件
192.67
E 21~29m³ 円/件
1,281.74 E 21~29m³ 円/件
167.84
F 30m³~ 円/件
2,011.81 F 30m³~ 円/件
142.66

■上記料金表(税込)は、平成26年9月1日実施約款にもとづく基準単位料金を使用しています。
消費税等相当額を含む毎月のガス料金は、【原料費調整制度】により調整いたします。
■各月のご使用量に応じた各料金が適用されます。

■お客さまがお持ちのガス機器によって「床ぽっか」からさらにお得になるプランが新登場!!

床ぽっかコンロ割

ガス温水床暖房+ガスコンロをお持ちのお客さま

床ぽっかコンロ割

床ぽっか料金からさらに3%お得に!*最大2,057円/月まで

床ぽっかバス乾割

ガス温水床暖房+ガス温水浴室暖房乾燥機をお持ちのお客さま

床ぽっかバス乾割

床ぽっか料金からさらに3%お得に!*最大2,057円/月まで

床ぽっかセット割

ガス温水床暖房+上記2機器いずれもお持ちのお客さま

床ぽっかセット割

床ぽっか料金からさらに6%お得に!*最大4,111円/月まで

【床ぽっかセット割】

月間ガス使用量 一般料金 床ぽっかコンロ割 床ぽっかバス乾割 床ぽっかセット割
20m³ 4,638円 4,499円 139円お得 4,499円 139円お得 4,360円 278円お得
60m³ 11,352円 10,722円 630円お得 10,722円 630円お得 10,390円 962円お得
100m³ 17,949円 16,023円 1926円お得 16,023円 1926円お得 15,527円 2422円お得

■赤字の金額が一般料金との比較。
ガス料金:平成26年9月1日実施の基準単位料金(税込)

毎月のガス料金=割引前料金額+割引額

■使用量が0m³の場合は、割引額は0円といたします。
単位料金は、料金表の基準単位料金または【原料費調整制度】に基づく調整単位料金を使用しています。(消費税等相当額含む)。