ご利用ガイド

ガス機器のカタログ請求はお問い合わせフォームへ

エネファームは、ガスから電気をつくり、
その時に発生する熱を捨ててしまう
のではなく、うまく活用してお湯もつくって
しまいます。エネルギーの有効活用で、
環境にも、経済的にもよい優れものなのです。

エネファームロゴ

エネファーム本体

エネファーム発電のしくみ

水を電気分解すると「水素」と「酸素」に分離されます。エネファームはそれとまったく逆の仕組みで、都市ガスに含まれる「水素」と空気中に
存在している「酸素」を結合させることで「電気」をつくり、その発電の際に発生する「熱」を利用してお湯をつくります。

水の電気分解

燃料電池

エネルギーの利用効率

普通発電すると、一緒に熱も出ますが、発電する場所が遠くにあると、その熱はうまく使えません。でもエネファームなら、電気を作る場所と
使う場所が同じだから、送電ロスもなくなり、発電の熱は家のエネルギーとして有効に利用できます。最初にあったエネルギーを100と
すれば、そのうちの約8割を使えるようになります。エネルギーを無駄なく、残さず有効利用できる。それがエネファームです。

従来システムの場合(火力発電)

エネファームの場合(マイホーム発電)

CO2削減量

エネファームで使っている家庭のCO2排出量は、火力発電のエネルギーや従来の給湯器を使用したエネルギーシステムと比べて最大約
30%削減が可能です。その他省エネ行動と比較してもCO2削減効果が大きいことがわかります。
従来システム比で
約30~40%のCO2
排出量削減
さまざまな省エネ行動におけるCO2削減量記載数値は、1年間
実行した時のCO2削減量各バルーンはCO2削減容量をイメージ
(出典:省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」より)
ただし、電力使用によるCO2排出は、 火力発電による排出係数を用い計算(変換)

従来システム比

さまざまな省エネ行動

ランニングコスト

エネファームは環境性や快適性はもちろん、経済性にも優れています。ガスを使って発電するので電気の購入量が減り、電気料金を少なくすることができます。一方で、ガスを使って発電する分、ガスの使用量は増えます。でも、心配はいりません。ガス料金がおトクになる料金プラン「家庭用コージェネレーションシステム契約」が適用できるので、ガスの使用量が増えても年間の光熱費がトータルでぐっと節約できるのです。エネファームで毎日快適な生活を送りたいけど、ガス料金が心配・・・。そんなお客様にも安心なのです。

ランニングコスト

※ 約5~6万円/年おトク
※ 但し、当社、ガス料金メニュー
「家庭用コージェネレーション
システム契約」適用の場合

W発電と売電金額

太陽光で電気を作る「太陽光発電システム」は、ご家庭内で使われずに余った電気を電力会社に売ることができます。しかし、太陽光発電
システムだけでは、発電した電気の大半をご家庭内で消費してしまうため、売電量は少なくなってしまいます。
太陽光発電とエネファームのダブル発電なら、1kWhあたりの買取価格は下がってしまいますが、エネファームが家庭内で使う電気の多くをまかなってくれるので、その分、太陽光発電でつくった電気をたくさん売ることができます。ダブル発電は、環境にも家計にもやさしい"いいとこどり"したシステムなのです。
(※平成23年度の買取価格は、住宅用で太陽光発電単独の場合は、42円/kWh、エネファーム等その他発電設備併用の場合は34円/kWhとなっております。)


電力量