ご利用ガイド

一般ガス料金

原料価格の変動とガス料金の調整について

平成29年3月分のガス料金
供給約款料金表(各月のご使用量に応じてA~Fの各料金が適用されます。)

料金表種別 1か月のご使用量 基本料金(1か月) 調整単位料金(円/m³)
料金表A 0m3 から 20m3 まで 785.16円 (税込)
146.48円 (税込)
料金表B 20m3 をこえ 80m3 まで 1,265.76円 (税込)
122.45円 (税込)
料金表C 80m3 をこえ 200m3 まで 1,719.36円 (税込) 116.78円 (税込)
料金表D 200m3 をこえ 500m3 まで 2,925.36円 (税込) 110.75円 (税込)
料金表E 500m3 をこえ 800m3 まで 5,365.36円 (税込)
105.87円 (税込)
料金表F 800m3 をこえる場合 10,101.36円 (税込)
99.95円 (税込)

原料価格の変動

 
基準平均原料価格(a) 56,160 円/t
平成28年10月~   
平成28年12月
の平均原料価格(b)
40,740 円/t
LNG価格 40,560 円/t
LPG価格 42,010 円/t
差額(b-a) -15,400 円/t

[ 参考 ]原料費調整制度の概要

  • 為替レートや原油価格の変動等による原料価格の変動に応じて、毎月ガス料金の単位料金(ガス1m³当たりの単価)を調整する制度です。
  • 「基準平均原料価格( 56,160円/t )」と「平均原料価格(料金適用月の5ヶ月前から3ヶ月前の3ヶ月平均におけるLNG、LPGの輸入価格より算定)」との差額に基づいて、原料価格の変動100円につき、ガス1m³当たり0.08748円(0.081円に1.08(消費税)を乗じた値)単位料金が調整されます。
  • 原料価格の変動については、LNG、LPGとも貿易統計実績によります。
  • 料金の大幅な上昇を避けるため、「平均原料価格」が89,860円(上限値)を超えた場合には、「平均原料価格」は89,860円としてガス料金の調整を行います。

標準家庭における影響

平成29年2月分の料金に比較して、58円(税込み)お支払い額が増加いたします。

1ヶ月のご使用量 33m3 適用料金 増減
平成29年3月 平成29年2月
ガス料金(税込) 5,306円/月 5,248円/月 +58円/月

*標準家庭ガス料金は、ご家庭1件あたり平均使用量/月(平成18年度~平成22年度の5ヵ年平均)に基づき算定しています。
*平成23年6月分より34m³から33m³に見直ししました。

◆算定方法:標準家庭

33m3は料金表Bの調整単位料金・基本料金を適用して算定します。


ご使用量(33m3)× 調整単位料金(122.45円) + 基本料金(1,265.76円) =5,306円(小数点以下切捨て)